トップ > 各課からのお知らせ > 経済課 > ピラオロ展望台

ピラオロ展望台

ピラオロ展望台の外観

ピラオロ展望台の外観

湖畔からサロマ湖をもっともよく見渡せる場所です。その昔、アイヌの人々が魚群の見張りをしていたと伝えられています。「ピラオロ」の意味は、アイヌ語で「がけのある所」(ピラ=がけ、オロ=場所・ところ)。またアイヌの若者と娘の悲しい恋の伝説の舞台でもあります。

ピラオロ哀恋伝説(メノコ哀語)

その昔、十勝アイヌと北見アイヌの争いが起こり、インガルシ浜サロマ(五島公園)において日夜激戦が展開され、これが「ボラ合戦」と名付けられ語り継がれている。この時、トコタンアイヌの若者サンクルも、同族の危機に奮然として立ち上がり戦場におもむいた。しかし、涙ながらに見送ったサンクルの勇姿は再び帰ってはこなかった。ピリカメノコのマチカは、毎日毎夜、遙かインガルシを望み、在りし日のサンクルを忍んで涙の明け暮れを送っていたが、ついにピラオロ台より湖水に身を投じてしまった。湖水の水は、マチカの涙でなお辛く、ピラオロ台上に吹く潮風にゆられて丘にも咲き香る山百合の優しい姿は、在りし日のマチカの姿としていまなお旅人の涙を誘っている。

ピラオロ展望台からの風景

ピラオロ展望台冬ピラオロ展望台

ピラオロ展望台から見た夕日

【2012年6月下旬頃撮影】
展望台から見て左手(湧別の方向)に沈む夕日。なかなかうまく撮れませんでしたが、サロマ湖の夕日は本当にきれいです。ぜひ一度、見に来てください。キムアネップ岬から見る夕日も、とてもきれいです。
ピラオロ展望台 夕日

アクセスマップ

お問い合わせ先

経済課商工観光係
電話:01587-2-1200