トップ > 町の情報 > 年金・健康保険・介護保険 > 保険 > 国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療制度

国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療制度

国民健康保険

国民健康保険は、だれもが健康で安心な生活を送るための医療保険制度の一つです。
●国民健康保険は市町村が運営しています。
 国民健康保険に加入する人は、役場に届出をし、保険税を納めます。
 役場からは、保険証が交付され、病院等にかかるときは、窓口で保険証を提示し、医療費の2~3割を支払って診療を受けます。
 病院等は、医療費の残りの部分について、国保連合会を通じ、佐呂間町に請求します。
 佐呂間町は、国保連合会から医療費の請求が適正かどうかの審査結果の報告を受け、病院等に対して、医療費を支払います。
 職場の健康保険や共済組合等に加入している方、生活保護を受けている方などを除いて、佐呂間町に住んでいる75歳未満の方はみなさん「国民健康保険」の加入者(被保険者)になります。
 国民健康保険への加入・喪失(やめるとき)は資格が発生した日や資格のなくなった日から14日以内に役場の町民課医療保険係の窓口に届け出てください。(若佐支所、浜佐呂間出張所でも手続きできます。)
 保険証を紛失したり、破れて使えなくなったときは、本人確認ができるものを持って、役場、若佐支所、浜佐呂間出張所の窓口で再交付申請してください。
 

介護保険

概要 介護保険制度は、身体機能の衰えや、認知症などにより、介護を必要とする高齢者の方を家族だけでなく、社会全体で支える仕組みです。40歳以上の人が全員介護保険に加入し収めていただく介護保険料を主な財源として町が運営します。介護が必要となった方は、実際にかかる費用の一割を負担するだけで、さまざまな介護サービスを受けられるようになります。 介護サービスを利用する際は、サービスが必要な状態であることの認定を受ける必要があるため、要介護(要支援)認定の申請をおこない、介護保険認定審査を受けていただくこととなります。
届出場所 佐呂間町役場保健福祉介護福祉係・介護保険係
必要なもの 1.認定申請は、本人又は家族のほか、居宅介護支援事業所や介護保険施設に代行申請してもらうことが可能です。(印鑑必要)                                                                                 2.介護保険証(第2号被保険者の場合は、医療保険の保険証)
対象者 第1号被保険者・・・65歳以上で(65歳の誕生日の前日から第1号被保険者となります。)原因が何であろうと要支援・要介護状態になったときに、介護保険サービスを受けることができます。                                  第2号被保険者・・・40歳以上64歳までの医療保険に加入している方で(40歳の誕生日の前日から第2号被保険者となります。)末期がんや間接リウマチ、脳血管疾患などの病気が起因となり、要支援・要介護状態になった場合に限り介護サービス受けることができます。

介護保険資料請求(様式は下記よりダウンロードできます。)

介護保険申請書等

要介護認定・要支援認定申請書エクセルファイル

居宅サービス計画作成依頼(変更)届出書エクセルファイル

要介護認定(要支援認定)審査資料閲覧等請求書エクセルファイル(26KB)

●介護保険負担限度額認定申請書エクセルファイル(35KB) 

                      ・認定審査資料の写しの交付を受ける場合は、認定審査資料の1面(A4)につき20円です。

             詳しくはお問い合わせください。

後期高齢者医療制度

 75歳以上の方と65歳~74歳で一定の障がいのある方が対象です。
(一定の障がいのある方とは、国民年金などの障害年金1、2級を受給している方。身体障害者手帳の1~3級と4級の一部の方。精神障害者保健福祉手帳の1、2級の方。療育手帳のA(重度)の方。)

 後期高齢者医療制度は、高齢者の方の医療を国民みんなで支えあう健康保険制度です。

 75歳になると今まで加入していた健康保険からは脱退し加入することになります。事前の申請は必要なく誕生日の1週間前までには「後期高齢者医療被保険者証」を郵送にてお届けします。

 保険料につきましては、加入するすべての方が保険料を負担します。詳しくは役場町民課医療保険係までお問い合わせください。

お問い合わせ先

保健福祉課介護保険係・介護福祉係
電話:01587-2-1212

町民課医療保険係
電話:01587-2-1213