トップ > 佐呂間町の紹介 > 国鉄湧網線の年表

国鉄湧網線の年表

国鉄湧網線 年表

大正8年 8月15日  地方鉄道法が施行され、鉄道敷設の気運が高まる

          数々の路線案が持ち上がり、路線の争奪戦がはじまる

          旭川~網走を結ぶ「旭網線」に佐呂間通過が計画される

          ※第一次世界大戦後の不況に関東大震災が重なり敷設が中断する

大正14年2月    第四八帝国議会にて「湧網線」請願採択

昭和 2年8月     鉄道省技手一行による測量開始

    12月    鉄道省会議で湧網線計画確認

           (網走~常呂~中佐呂間~計呂地~中通別)

          ※世界的な金融恐慌により敷設繰延べ

10年  10月10日  網走~常呂間が開通

      10月20日  中湧別~計呂地間が開通(西湧網線)

11年  10月17日  計呂地~中佐呂間間が開通(東湧網線)

13年        中佐呂間~常呂間が着工され土工、橋脚が完成

         ※日華事変勃発によりレール敷設が中断

21年  5月     再着工が確定

         6月   ※戦後の既存鉄道改良復興優先の政府方針にて工事中止

27年   8月1日  再着工

28年 10月22日  湧網線全線開通 中佐呂間駅を佐呂間駅に改称

30年 12月     レールバス(46人乗り)が運行開始

40年  4月     ディーゼル車両(90人乗り)が運行開始

50年  6月  8日  SLが最終運行

56年  3月  3日  日本国有鉄道経営再建促進特別措置法が閣議決定

57年11月 22日  国鉄第二次廃止対象路線に湧網線が選定

61年  2月 17日  特定地方交通線対策協議会にてバスへの転換が決定

62年  3月 19日  国鉄湧網線廃止

      20日  代替バス運行開始

平成元年

        11月1日  佐呂間町交通公園完成

お問い合わせ先

企画財政課企画係
電話:01587-2-1214